【うつ病と仕事】焦って復職するよりクビを覚悟をする

うつ病と仕事 健康

休職中に来月から出社できなければクビだと宣言された方
「病気のままクビになったらお金もなくなり生きていけない。まだ回復してないけど出社するしかないのか。こんな事でうつ病は治るんだろうか。」

こうした疑問に答えます。

本記事の目的

・クビになることを受け入れるのはつらい事ですが、結果的に一番回復に専念できるかも知れません。
・仮に会社をクビになっても公的な支援は得られます。
・焦って復職を急いではいけない理由を解説します。

焦って復職するよりクビを覚悟をする

  • ① 出社できないならクビと言われた。
  • ② なんとか復職したら大幅に減給された。
  • ③ 無理に復職して傷病手当金が大幅に減るケース。
  • ④ 失業保険で優遇を受けるには。

記事の信頼性

記事を書いている僕は、東証一部上場企業と中小企業の2つの会社でうつ病による休職を体験し、中小企業は解雇されてしまいました。
» 参考:PN.Masaharuのプロフィール

読者のさんへの前置きメッセージ

この記事ではわかりやすさを重視して複雑な条件を簡略化しています。実際に判断する時は医師やケースワーカー、会社の総務の方などと良く相談してください。相談するための前提知識としてこの記事を利用してください。

① 出社できないならクビと言われた。

会社から出社できないならクビと言われた。

例えば来月1日から出社できないなら、解雇すると言われる可能性があります。
「うつ病 解雇」で検索すると解雇したい経営者の法律相談が複数見つかります。
この記事を書いている僕も中小企業で休職していた時に直接言われました。

会社をクビになっても傷病手当金は継続して受け取れます。

会社をクビになってからも、継続して傷病手当金は受け取れます。
これには「傷病手当金」の「資格喪失後の継続給付」手続きで可能です。

傷病手当金を利用すれば、最初のうつ病の回復に1年6ヶ月以上使えます。

無理をして復職しても傷口が広がります。うつ病は最初の治療が重要です。
傷病手当金は給料の3分の2しかありませんが、うつ病の時は使うお金も減ります。
なんとか復職して・・・と思うでしょうが、無理な復職をしてうつ病が再発すると最悪です。


② なんとか復職したら大幅に減給された。

復職した直後に減給される。

「うつ病 復職 減給」で検索すると経営者の法律相談が複数見つかります。
この記事を書いている僕も中小企業で復職した直後に年収3分の1がカットされました。

【よくある質問】 休職中に減給されていないけど復職したら減給?

休職中の給料は0円なので、すでに100%減給されています。復職した後、再び給料が発生しますが経営者は勝手に減給してしまうと法律違反になるため、新しい給料での雇用契約を結ぼうとします。

給料の減額を受け入れると、再発時に傷病手当金や失業手当も減額される。

傷病手当金や失業手当は直近の給与額を基準にして支給額が決まります。基準額を下げられるともらえる手当金なども当然減ります。

③ 無理に復職して傷病手当金が大幅に減るケース。

傷病手当金は最長1年6ヶ月受取可能です

これは最初に支給された日から、期間が1年6ヶ月という意味です。

1.順調に1年6ヶ月以内で回復し復職したケース

2.回復まで1年6ヶ月かかったケース

3.回復まで1年6ヶ月以上かかったケース

4.すぐに復職したが再発したケース

このケースが問題です。再発した場合でも同じ病気の場合は、傷病手当金は最初から1年6ヶ月の期間しか保障してくれません。

④ 失業保険で優遇を受けるには。

失業手当は仕事が見つかればすぐに働ける方のための手当です。傷病手当金をもらってる間は受け取れません。回復して仕事を探し始めてから受け取るのが基本です。

ハローワークの「就職困難者」枠を利用する。

主治医の意見書を提出する事で「就職困難者」に認定されます。

「就職困難者」が受けられる優遇

  • 失業手当給付期間が300日(約10ヶ月の失業手当) 健康な方は90日なので3倍以上
  • すぐに失業手当がもらえる 健康な方は3ヶ月待機

失業手当給付の受給期間延長を受ける

「特定理由離職者」として認められると、最長で3年間、失業手当を受け取る権利を延長出来ます。傷病手当金を受け取っている間は、受給期間を延長します。

失業手当の金額

退職前の給料が基準になりますが、上限が決まっており上限は月額24万円ぐらいになります。

重要事項のまとめ

受けられる支援をまとめます

  • 最初の休職から1年6ヶ月間 傷病手当金 給料の3分の2
  • その後の300日間 失業手当金 最大で月24万円ぐらい

最大で2年4ヶ月は公的な支援を得ることが出来ます。

医師の診断書は非常に重要です

  • 会社へ提出する休職のための診断書
  • 傷病手当金を受け取るために健康保険へ提出する診断書
  • 自立支援医療(精神通院医療)を受け取るために市区町村へ提出する診断書
  • ハローワークで「就職困難者」と認定されるための診断書

終わりに

少しでもお役に立てたら幸いです。

« 前の記事:【うつ病と仕事】なぜうつ病が再発するのか【個人的主観】
» 次の記事:【うつ病と治療】うつ病で入院するとどうなるのか?【実体験】