【うつ病と仕事】なぜうつ病が再発するのか【個人的主観】

うつ病と仕事 健康

うつ病の再発率は厚生労働省の発表で60%です。5人に3人は再発します。

厚生労働省の報告によればうつ病から回復しても60%の人は再発すると言われており、さらに、2度罹患するとその後の再発率は70%、3度罹患するとその後の再発率は90%と、再発率が高くなっていくとされています。
» 参考:厚生労働省資料

本記事の目的

自己判断で薬を飲むのを途中でやめたので再発した、という報告が多いようですが自分の経験上、根本的な問題とずれている気がします。
再発を体験した患者の僕からみた【個人的な】うつ病の再発理由を解説します。

うつ病が再発する理由【個人的主観】

  • ① そもそも治ってなかった。
  • ② うつ病の発症原因が解決されていない。
  • ③ そもそもの性格がうつ病になりやすい。

この記事の信頼性

記事を書いている僕は、東証一部上場企業と中小企業の2つの会社で、うつ病による休職を体験し、18年間もうつ病と付き合うことになりました。
» 参考:PN.Masaharuのプロフィール

① そもそも治ってなかった。

再発して当然です。

義務感と焦燥感で焦りに焦った結果、最短で職場復帰をする方が多いです。
少しの回復なのに無理をして、完治したと自分に言い聞かせている方たちです。

自分の経験とうつ病を再発した知人を見ている限り、これが一番多いというかほとんどのケースがこれでした。
再発ではなく治っていなかったうつ病が無理をしたので悪化しただけです。

じっくり治すほど休職したらクビになってしまう。

会社をクビになるかもという恐怖は大きいです。しかし、未回復のまま復職しても良いんでしょうか?
» 参考:【うつ病と仕事】焦って復職するよりクビを覚悟をする

じっくり治すほど貯金が無い!

ある程度のお金に関する公的支援を受けられます。回復するまで本当に休めないでしょうか?
» 参考:【うつ病と仕事】休職する時に知っておきたい事【休職とお金】

② うつ病の発症原因が解決されていない。

パワハラなどのストレス源

パワハラ上司がいる。あまりにも職務が過酷など、ストレスの原因が無くならなければ再発して当然ですよね。

パワハラは無いと思ってる方へ

会社の中であまりにも当たり前になっていて、気が付いていないだけかも?

  • 頻繁に定時外のスケジュールを相談無く抑えられる。 → 夜9時から会議やるから!
  • 定時内で消化し切れない納期を頻繁に設定される。 → 帰ろうとしたら明日の朝までにこれやっといて。
  • 指示や方針があまりにも頻繁に変わる。

>» 参考:パワハラ相談窓口

③ そもそもの性格がうつ病になりやすい。

うつ病になりやすい性格

  • 期待されると応えずにはいられない。
  • 嫌われたり評価が低いと不安になる。
  • 相手に責任を求めるより自分自身の責任と感じる。
  • 仕事量が多すぎるか、求める技能がマッチしていないのを自分の努力だけで解決しようとする。
  • 普段からストレスを感じていて飲酒や喫煙に逃げがち。
    >» 参考:【健康】タバコの話
  • 普段からストレスを感じていて過食や甘いものに逃げがち。
    >» 参考:【健康】ダイエットの話

まとめ

繰り返しになりますが、ボクは医者ではなくて患者です。
でも、流石に18年も付き合うと病気の事が少しは見えてきます。
あなたの復帰判断のお役に立てたら幸いです。

« 前の記事:【うつ病と仕事】休職する時に知っておきたい事【休職とお金】
» 次の記事:【うつ病と仕事】焦って復職するよりクビを覚悟をする